ナンパは甘くないっしゅ

非モテ踊り地蔵からPUAになるお砂糖の物語でしゅ

初即に向けてがんばるしゅ!

 

過去の出来事に傷つけられることもあるだろう。でも私が思うに、そこから逃げ出すことも出来るが、そこから学ぶことも出来るーウォルト・ディズニー

 

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

 

 

某日

 

TNK会(足りてない会)のリバース王、KEI君と飲みにSへ。

 

二人で白ワインおじさんに変身してから、

黒→罪美→青→外人しかいない箱→風俗箱

で圧倒的泥酔からの坊主を決めたシュガーマン

 

シュガ「頭が痛いっしゅ、、、、」

 

シュガパレ(僻地)で起きた時は夜だった。

 

シュガ「外も人生も真っ暗でしゅ、、、」

 

 

 

 

 

 

22:00

 

シュガはMにいた。

 

f:id:osatooooosan:20170413013129j:image

 

そうこの日はヨネスケアポ。

 

さおり(仮名)は事前に友達と飲む予定があったので遅めの集合となった。

 

 

 

さおり「シュガくん、もうすこしかかれそう」

 

シュガ「OK!待ってるっしゅ!」

□.。oO(誤字もあるし酔ってるでしゅね、、、これは勝てるしゅ!

 

 

合流できないんじゃないかと焦りながらもなんとかヨネスケ

 

そこからは簡単だった。

チャラいグダ。今日はエッチしないグダ。など受けたがヨネスケしている時点で余裕だった。

20歳JD即。

 

朝先に起きて、昨晩流した即報のリプを返す。久しぶりの即の感触を思い出し、朝もう一度おせっせを決める。そこから二度寝。最高の休日だ。

 

 

元々は昼飯ヨネスケアポだったので、まだ時間はたっぷりある。

 

ただ、おせっせしたらお腹が空いた。よく考えると前日の昼からまともにご飯を食べていなかった。運動したあとだったので余計にお腹が空く。昼飯前だが、一人コンビニへ行こう。サンドイッチとコーヒーにするか。 おにぎりも捨て難い。

 

 

 ピロリ~ン。LINEが鳴る。

 

さおり「ゴメン!今日昼からバイトだった!」

 

シュガ「マジかwじゃあ手まきパーティはまた今度な」

 

コンビニ袋を抱え、二日酔いだというさおりに水を渡す。 聞くと本当は朝からバイトだったらしいがすっかり忘れていて、シュガがコンビニに行っている間に電話があったらしく、そこで昼からバイトにいくという運びになったそうだ。

 

昼までまだ少し時間があったのでさおりは寝るらしい。

 

お別れのキスをして、シュガは駅へと向かった。

 

途中、今年初即を決めた余韻にひたり、朝から祝杯もあげた。

 

行きは二人だった道を一人で戻る。簡単なことだ。

 

LINEが一通入る。

 

さおり「駅までたどりついた?」

 

優しい子だ。また近いうちにこの街には来るだろう。その時は一緒にごはんを食べよう。

 

 

 

 

15:00

 

TNK会のLINEで急遽花見をやることになった。

その後、他のクラスタの方も集まってきて、みんなでKPしたり、ナンパしたり、シュガの今年初即を祝ってくれた。クラスタのみんなは本当に優しい。

 

 

 

22:30

 

TNK会、会長が帰り、花見も解散へ。TNK会長以外の天道さん、KEI君、シュガでなぜか黒にIN。この時既に全員泥酔していた。本当に足りてる。

 

22:40

 

LINEが入る。

 

バイト終わりであろう、さおりからだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:osatooooosan:20170413012431j:image

 

LINEを速攻で返信。しかし既読にはならなかった。そして、今この瞬間も既読はついていない。

 

丁度頼んだばかりのロングアイランドアイスティーを一気に飲み干した。既に泥酔していたのだから余計に酔いが回った。

 

一緒にインした、天道さんは連れ出し。KEI君は即。ひと声かけもせず途中でアウトしたシュガは圧倒的にAFCだった。

 

 

 

帰り道、さっきのLINEのことを考える。

 

一日前、同じベッドで体を交えたにもかかわらず、このLINEだ。

さおりは昼に起きて、昨日あったことを考えながらバイトしていたのだろう。

出会った場所もお酒が入っていた。

昨日も友達と飲んでかなり酔っていた。

ふと冷静になったとき。

「私は何をしたんだろう」と思ったに違いない。

 

さおりは自分より3つ以上の男の人としたことはなかった。

それが本当か嘘かは調べる手段も無ければ。

調べる必要も無い。

 

さおりは嘘は言っていないと思う。

本当に大学生らしい、純粋な子だったのだろう。

 

だから、何も言わずにブロックではなく、最後にメッセージをくれた。

 

「ありがとう!」

 

 

 

先日の雨で桜はだいぶ散ってしまった。もう花見も終わりの季節である。

でもこれから暖かくなる。

より出会いが増える季節だ。

 

さあ街に出よう。

いつかまたさおりに会えることもあるかもしれない。

いや違うな。

 

シュガはAFCにはならない。PUAだ。

 

さあ街に出よう。まだ会わない女の子に会いに。